東京・生活者ネットワーク2019新春のつどい

2019年1月30日 00時09分 | カテゴリー: 活動報告

毎年、恒例の新春のつどいが開かれました。

井手英策さんの講演で、これからの時代に必要なのは、地域の課題、ニーズに応えるために、地域の社会資源を発掘し、これを行政の制度と結びつけていくアクターが不可欠との指摘。これこそ、生活者ネットワークの仕組み!これは、いつも街頭で訴えていること。

ローテーション議員と立候補予定者。

地域に議員経験者が増えることは政治が身近になり、井手さんのいう、救済主義から必要主義へ。

生存・生活・地域のニーズをみんなで満たし合う社会への転換ができます。