豊島区の中心、池袋駅周辺の将来像は?〜3/9まで、パブリックコメント募集中〜

2018年3月5日 11時48分 | カテゴリー: 活動報告

あまり、豊島区に馴染みのない方でも池袋駅は多くの方がご存知です。何故ならば、池袋駅は一日の乗降客264万人、年間にすると9億6420万人で地下鉄3線、東武東上線、JRでは山手線、埼京線、湘南新宿ラインが乗り入れている巨大なターミナル駅です。

中でも、東京メトロの駅別乗降人員は、179駅ある内、池袋駅は、55万7千人と2位の大手町駅32万5千人を大きく差をつけて第一位です。

副都心線ができて、神奈川県方面と乗り換えなしで、池袋までくることができるのも利用者が増えた背景と思われます。ただし、副都心線の池袋駅は池袋西口地下にあり、週末などには、東口に用のある人で、地下通路が溢れています。

3.11東日本大震災の時には、東西の往来に1時間以上かかったことも忘れてはならないことです。地下通路だけに頼るのでなく、

東西を結ぶデッキ構想も出て来ています。テレビCMなどで有名ですが、池袋の東口には西武デパート、西口には東武デパートがあります。

現在、豊島区では、3月9日まで池袋駅は周辺地域基盤整備方針(案)のパブリックコメント募集中です。大企業主導のまちづくりでないのが豊島区の特徴です。多くの皆さんのご意見で豊島区の中心、池袋周辺のまちづくりを作っていけるチャンスです。池袋らしいインフラの整え方についてのご意見ををお寄せください。

https://www.city.toshima.lg.jp/405/machizukuri/fukutoshin/1712281409.html

年末から年度末にかけて、多くのパブリックコメントの募集があります。新年度からの計画における意見募集です。計画自体が修正されなくても、パブコメにどんな意見があったかということは、計画実施において大きな影響を与えます。議会においても、どんなパブコメ意見があったかを参考にします。どうぞ、パブコメを大いに利用してください。