2017年がスタートしました。

2017年1月13日 00時39分 | カテゴリー: 活動報告

例年にない暖かいお正月が終わったら、寒の入からはいよいよ寒さが厳しくなり、本格的に2017年がスタートしました。

今年も、生活者ネットワークは、”大事なことは市民が決める”として、情報公開を進め政治を生活の道具としてお任せにしない政治の実践を続けていきます。

小池新知事を送り出した東京10区としての豊島区は、行政の面では、東京都との繋がりが強くなったようです。小池さんが今多くの人気を得ているのは、情報公開を進めていること。都政の見える化。わかりやすく、都政の問題を都民に伝えること。これは、生活者ネットワークも活動の中心としているところです。

区議会議員には多くの情報が集まってきます。議員は、色々な形で、区民の方々にこの情報を伝えなくてはならないと思っています。ニュースの発行、街頭宣伝活動もその一つです。そして、生活者ネットワークは、区民の皆様と一緒に豊島区のこれからを考えたいと思っています。今年も、定期的に街頭宣伝活動を続けていきます。IMG_3635

さて、今年は、9日に行われた成人の日の集い。豊島区で成人を迎えられた方は、昨年10月2日の時点で、2851人。日本人が1859人、外国の方が992人、実に35%を占めていました。全体の人口では、約8%が外国の人で、2万人近くになっていますが、20歳で、こんなにも多くの外国の方が住んでいらっしゃるとは驚きました。IMG_3619

確実に国際都市となっている豊島区、どうやって多文化共生をしていくのか。せっかくの成人の祝いにも、日本人は916名で外国の人の出席はたったの15名です。日本文化を紹介する機会にしてもいいのではないかと思います。

若い人が希望を持てる社会にするためにも、豊島区でできることをやっていきたいと思います。