羽田空港増便計画!豊島区上空を4時間に120機の飛行機が飛ぶ?!

2016年5月15日 18時09分 | カテゴリー: 活動報告

2018年4月19 日、国土交通省は、昨年発表した羽田空港増便計画を一部修正し、突如、豊島区上空を経て羽田空港へ着陸するルート案を発表しました。

現在の羽田離発着の航空機の飛行ルートは騒音や落下物事故の被害を少なくするため、海上通過を採用しています。国は、オリンピック・パラリンピックに向け、より多くの観光客を迎え入れるには都心に近い羽田増発が有効であるとし、昨年、住宅密集地である23 区の上を飛ぶルートを発表し、該当地域のみで説明会が開かれました。

修正ルート案によると豊島区の上空を通過するのは南風の好天時の15 時から19 時という条件付きですが、1時間に31 便、2分に1機以上飛行機が飛びます。これまでなかった騒音、落下物の危険性や大気汚染が起きることは言うまでもありません。今回の修正は、昨年来の住民の意見反映によるとのことで、新たに該当地域となった豊島区民としても、説明会にぜひ出席して情報を得て、意見を述べる必要があります。

羽田空港のハブ化を進めるのではなく、成田空港や茨城空港などの近隣空港の有効利用も考えるべきです。

豊島・生活者ネットワークは、羽田に近く、わずか300メートルの低空を通過される品川区を始め23 区で連携し、羽田空港増便計画に関する情報公開を求め、住民の安全を脅かすことのないように声を上げていきます。

説明会の予定が決まりました。IMG_0749

① 6月3日(金) 13 時~ 19 時  西部区民事務所(豊島区千早2−39−16)

② 6月5日(日) 11 時~ 17 時   南長崎第4区民集会室(豊島区南長崎4-29-10)

どちらもパネル展示に国交省の職員が質問に答えます。 是非、みなさんの疑問や意見を国交省に伝えましょう。

  国交書のホームページ「羽田空港のこれから」でも意見を受付けています。http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/

5月16日(月)羽田空港着陸直前の大井町(上空300メートル予定)のきゅりあん18時半〜で学習会が開かれます。https://www.facebook.com/events/123743638032917/

豊島区でも学習会を開きます。チラシ06_軽

2019年3月24日(金)国土交通省が再び、オープン形式(個別対応)の説明会を開きます。

南長崎第4区民集会室 14時から19時

ぜひ、疑問点を直接、伝えてください。

最新情報は、としまの空を考える会ホームページへ

https://toshimanosora2016.jimdo.com