豊島区議会2015年第一回定例会始まりました。

2015年2月16日 01時49分 | カテゴリー: 活動報告

豊島区議会2015年第一回定例会が始まりました。

この定例会は、現庁舎議場を使った最後の議会となります。昭和36年7月から53年も使っている議場は、さすがに古く、初日の区長の招集挨拶の途中で、天井の明かりの一部が突然消え、また灯るという状態でした。

空調は、夏は寒く、冬は暑い状態だったりします。壁紙も一部剥がれ始め、議場のある4階は、大雨には、あちらこちらに雨漏り用のバケツが並びます。もう限界に近づきつつある区役所で、私の議員生活も丸4年になろうとしています。

区議会議員の任期は1期4年です。現在の議員も4月末で全員改選となり、4月26日に選挙が実施されます。議員がどんな活動をしているのか、ぜひ傍聴にいらしてください。傍聴手続きは、本会議、委員会ともに当日、議会事務局で氏名と住所を記入すればできます。

 そして、5月7日から新庁舎での業務が開始されます。先日、新しい庁舎の一部の内覧会がありました。新しい議場は、段差があまりなく、また、傍聴席も議員の視線に入るような、一体感のある議場になっており、好印象を持ちました。議会が開かれていない時には、100人規模の会議が開くことも可能です。

政治は、一部の人だけに任せるのではなく、多くの区民が関わるものであるべきと考えます。