政治を身近に

2013年2月8日 21時25分 | カテゴリー: 活動報告

 北風が吹き荒れる中でしたが、要町駅前で活動報告を行いました。寒さの中、としま生活者ネットReport NO.39を受け取っていただき感謝です。

地下鉄要町駅前

来週2月15日からは、豊島区議会第一回定例会が始まります。この定例会では、来年度予算も審議されます。私は、今回予算特別委員会の委員です。豊島区では、決算、予算特別委員会は議員は、座席番号の奇数、偶数で隔年で担当します。座席番号8番の私は、2年目の今年度決算、予算を担当することになっていいます。
私は、現在議会改革検討会の委員としても審議に参加していますが、その中で予算委員会、決算委員会の方式も検討課題にあがりました。一期4年間の議員なのですから、毎年審議に参加できるのが当然だと思い、なぜ、隔年になっているのかを事務局に質問したところ不明ということ、いつのまにか慣習になっているようです。一旦、慣習になると、なかなか変わらないし、それが当然になってしまいがちなのです。生活者ネットワークは、議員を交代制にすることで、普通の市民感覚を保っています。政治を身近なものとして、今後も“大事な事は市民が決める”です。

杉並区、練馬区、板橋区の生活者ネットワークの議員とともに。