豊島・生活者ネットワーク設立10周年

2012年10月27日 16時44分 | カテゴリー: 活動報告

豊島・生活者ネットワーク代表あいさつ

 今年、豊島・生活者ネットワーク設立10周年を迎えました。10月21日に記念集会を開催しました。当日は、高野之夫豊島区長にも参加いただき、また10年前設立時に何度も足を運んでくださった大河原雅子参議院議員はじめ多くの議員の方々に来賓として出席していただきました。

高野之夫 豊島区長

大河原雅子参議院議員

近藤恵津子 NPO法人コミュニティスクールまちデザイン理事長

 10年間の活動を映像で振り返ったあとは、私たちの活動の原点である「身近な食から世界が見える」と題して、コミュニティまちデザイン理事長の近藤恵津子さんから講演です。豊島区内の区立小学校2校で「食」と「環境」の授業ができたのですが、総合的な学習の時間が制限され、去年から実行できていないのは残念です。

みんなで10周年の記念ケーキを祝ったあとは、楽しいピアノパフォーマンス。楽しく活動するのが私たちのモットー。明るく元気に次の10年をめざしていきたいと誓った一日でした。

ピアノデュオ しゅ☆みいず

  振り返れば、2002年の暮れ、豊島・生活者ネットワークの設立総会の議長を務めたのが私でした。 翌年の2003年4月の豊島区議会選挙を迎え、私たちの代理人、水谷泉を豊島区議会に送ったのでした。 無我夢中の選挙でした。うぐいすも街頭演説もしたことのない者たちが、とにかく議員を出そうとがんばりました。

2003年区議会議員選挙、水谷泉当選、豊島・生活者ネットワーク初議席獲得!

 あれから10年、今、私が交代して区議会議員になっています。 交代するのが生活者ネットワークのルールです。 確かに代理人を送って、区政の事が少しわかるようにはなってきましたが、 議会活動となると、議員にならないとわからないことばかりです。 普通の区民がわかる区政、普通の区民の視点での区政の実現を求めて、 これからも政治は、生活を豊かにする道具です! 多くの人が実感できる政治をめざしていきます。