路上喫煙・ポイ捨て防止条例

2012年10月6日 12時41分 | カテゴリー: 環境

豊島区では、昨年2011年5月30日から「路上喫煙及びポイ捨て防止に関する条例」が施行されています。今日は、池袋東口で、広報キャンペーンに参加しました。舗装されている道を見てみてください。あらゆるところに黒いシミがあります。これは、ガムのポイ捨ての跡です。これを除去するには、かなりの手間がかかります.誰かが片付けなくては汚れるばかりです。一人ひとりのほんのちょっとした心遣いがまちを快適にします。

 最近になり、喫煙場所が目立つようになり、それ以外の場所で吸っていることはめだつようになりました。しかし、区内のすべての場所で歩きたばこは、禁止されています。池袋から少し離れた我が家の前を駅に向かう人、帰りの人、気が許すのか歩きながらのたばこがよく目につきます。そして、吸い殻をポイと捨てていく。たばこは、指定された場所で吸う。これを徹底していく必要があります。