自然エネルギーへの転換

2011年6月23日 01時01分 | カテゴリー: 脱原発

夏至の日に思う・・

カーテンらしくなってきました。
カーテンらしくなってきました。
梅雨の貴重な晴れ間とはいえ、
今日は、ここ豊島区でも30℃を越える真夏日となりました。
我が家の緑のカーテンは先日来の雨と太陽の光を浴びて順調に育っています。
太陽が照り、雨も降る豊島区!
今こそ、命をおびやかす原子力発電に頼るのでなく
自然の恵を活かしたエネルギーで暮らしたい。
今、29日に予定される区議会での初めての一般質問の準備をしています。

私が 約30年前に暮らしたドイツ(当時は西ドイツ)では、
高速道路を走らせると郊外に原子力発電所がありました。
それが、5年前に再訪したときには、
丘陵地帯に点在する多くの風力発電装置、
太陽光パネルを張り巡らせた幼稚園に目を見張りました。
かつて何もかも一緒に捨てていたゴミも
街の角かどに分別コンテナーが置かれていました。
政治が変わるとこうも変わるものかと実感したものです。
30年前はちょうど緑の党が台頭し始めた頃です。
政治家を選ぶのは国民です。
今、自分の選んだ議員が何を発言しているのか、
または、発言していないのか。
しっかりチェックすることが必要です。